FC2ブログ

K部長の部屋

国内、海外を問わず、コストパフォーマンスの高いレストランやホテル、またお得な情報を紹介しやす。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ■その他ホテルもあるよ〜。

★★★ オリエンタルヒルズ沖縄 2016年5月

沖縄本島の恩納村にあるオリエンタルヒルズ沖縄に行ってみました😆予約はアメックスのコンシェルジュからですが、恐らくゴールデンウィークやお盆などの繁忙期は、これが最もお得な予約方法かと思います。アメックスからの予約は料金の変動が無く、年間を通して、一律7万円×2名で14万円と成りますが、よく見ると税サ込み料金😵もちろん朝夕食付きなのと、空港からの個別の送迎や、チェックアウト時間の延長(14時まで)、冷蔵庫内無料・・・等様々な特典を考えると、星野やなんかよりもだいぶ安く感じます。しかも満室でも客数が少なくてほとんど人に会いませんし、スタッフの質等、全体的にクオリティは比較にならないと思います。
オリエンタルヒルズ沖縄21
客室は全室スイートコテージ、14室しかありません。
オリエンタルヒルズ沖縄18
客室までは、こんな道を電気カートで送り迎えしてくれます。
オリエンタルヒルズ沖縄22
もちろん本館からコテージまで歩こことも可能です。橋を渡れば2〜3分です。
オリエンタルヒルズ沖縄17
部屋の並びはこんな感じです。今回は上から橋を渡ってすぐ右側、端の「伊計」という部屋です。
オリエンタルヒルズ沖縄19
本館からの橋を渡ってから、上に登る感じです。
オリエンタルヒルズ沖縄20
部屋番号は、4、9、13が抜けてますので、17番です。
オリエンタルヒルズ沖縄7
部屋に入ると、リビングからプール、その先に海が広がります😆
オリエンタルヒルズ沖縄23
リビングにはそこそこ大きなテレビと・・・、
オリエンタルヒルズ沖縄24
ドリンク類はなんでもある感じですね。因みにアメックスで申し込んだためか、冷蔵庫の中身はアルコールも含めて全て無料と言われました。因みに、プラチナカードのメンバーベネフィットの本には冷蔵庫のソフトドリンクが無料と書いてありますけどね・・・😯
オリエンタルヒルズ沖縄25
BOSEのウェーブシステムとCDも何枚か部屋に置いてあります。因みに、DVDやCDは本館のライブラリーに沢山置いてあります。
オリエンタルヒルズ沖縄15
テーブルの上のウェルカムアメニティ、このちんすこう意外とうまいです。帰りに買って帰りました😁しかし、これもアメックスだからかは判りません。
オリエンタルヒルズ沖縄16
因みに、アメックス特典のハウスワインは、飲まないと言うとマンゴージュースを部屋に届けてくれました😊このマンゴージュース、結構うまいです。
オリエンタルヒルズ沖縄1
リビングの奥のベッドルームはこんな感じ。まあまあ、良いかと思います。
オリエンタルヒルズ沖縄2
そしてベッドルームの奥はかなり広いバスルーム!
オリエンタルヒルズ沖縄4
海を眺めながら大きなジャグジーに入ることが出来ます。これ、最高です。
オリエンタルヒルズ沖縄3
ダブルシンクで、鏡越しに海が広がります。しかし、ひょっとして、ここ、お湯が出ないかも・・・。
オリエンタルヒルズ沖縄12
アメニティもあらゆるものが揃ってますね〜
オリエンタルヒルズ沖縄13
マンゴー味のマウスウォッシュなんてあるのね😵
オリエンタルヒルズ沖縄14
さらに必要な男性用のアメニティと女性用のアメニティは各箱に入ってます。
オリエンタルヒルズ沖縄11
タオル類の質も良く、量もたっぷり、でドライヤーはもちろん、クルクルドライヤーなんかもありました😵
オリエンタルヒルズ沖縄10
バスローブも厚くもなく、薄くもなく、おしゃれでなかなか良い感じです。
オリエンタルヒルズ沖縄9
シャンプー類は、全てスペイン製アイノアを使用。 人間の肌の構成と酷似していると言われるキャビアを約15%含有していて、その含有率は世界トップクラス。世界のセレブから愛用されてるそうです。
オリエンタルヒルズ沖縄5
バスルームの奥には最新式のトイレ。このトイレ箱庭もあり居心地良いですが、便座は冷たいままかも・・・😁
オリエンタルヒルズ沖縄27
バスタブの横のシャワーブースを抜けると、テラスに出ます。
オリエンタルヒルズ沖縄8
部屋に付いてるプールはこの大きさ。温水ではないようですので、使えるのは5月〜10月まででしょうか。
オリエンタルヒルズ沖縄26
そして、朝はここで、朝日を浴びながらコーヒーが頂けますよ〜😁
オリエンタルヒルズ沖縄28
朝食はビュッフェかルームサービスか選べます。こちらはルームサービスの和食です。普通に美味し目の朝食です。ボリュームも十分です。
オリエンタルヒルズ沖縄30
因みにアメックスプランの最大のポイントは、チェックアウトが午後2時ということです。午前中から昼過ぎまではここでたっぷり焼けますね〜😁
オリエンタルヒルズ沖縄6
ちなみに、この施設で気になった唯一のことは。。。配置図からすると、この部屋だけの問題ではないと思いますが、実はマップの左側、写真の直ぐ右の所に58号が通っており、夜は暴走族的バイク音がかなり気になります。
オリエンタルヒルズ沖縄29
最後に、ホテルの車で那覇市内のハイアットまで送ってもらいましたが、お土産にお弁当とお茶をいただきました。ハイアットのお部屋でいただきました。
因みに、写真はありませんが、夕食は鉄板焼きを頂きました。鉄板焼きスペースは1組だけづつらしく、内容も素晴らしくかなり旨かったですよ😋
オリエンタルヒルズ沖縄、この内容だったら安いと改めて思います😊しかし、細かいところが夏の客向けな感じになってるかもね・・。
スポンサーサイト



♥♡♡ ★☆☆ 日勝生加賀屋②(台北市・北投温泉)2015年12月

夕食付きのプランにしましたので、こちらは部屋食となります。献立が最初に来ますが、料理長は日本人の名前が書いてあったので少々安心気味ですが😥、従業員は皆、日本名の源氏名が付いているので・・・やや怪しい感じです😓
カガヤ夕食1
日本語の献立ですが、台湾人には中国語なんですかね?因みに献立と料理の中身は少々違っているものもありましたが、中居さんは認識してないようでした😢恐らくメニューのパターンが決まってて献立は使い回ししてるんですね〜。
カガヤ夕食2
先付けです。「林檎の釜盛り、冬肴の酢橘卸し和え」と書いてありました。
カガヤ夕食3
冬肴ってホタテとカニとイクラってことでしょうか?林檎自体が中々美味しいので、良い感じです😋
カガヤ夕食4
前八寸。松風とか海老も1個1個の味はそんなに悪くないんですが、全体として3流感がありますよね〜。何故でしょうか?因みに・・・、
カガヤ夕食5
因みに、八寸に書いてある蛍烏賊なんていませんね〜😌
カガヤ夕食6
 続いて椀物です。白身魚の蕪蒸しと書いてありますが・・・❓、これ違うんじゃね❓ウ〜ん白身魚を刷り込んだ豆腐なんでしょうか❓
カガヤ夕食7
向月は、冬鮮魚四種、と書いてあります。刺身類は思ったより美味いですよ。
カガヤ夕食8
続いて「洋皿」というのが来ます。牛肉西京胡麻たれ焼きと書いてあります。う〜ん😔これイマイチです。基本的にあまり美味しくないので、別の料理にした方が良い気がします。
カガヤ夕食9
続いて煮肴。ブリ大根です。ブリが大きいのでボリュームがあり、お腹いっぱいになってしまいますが、こちらは肉に比べるとだいぶ美味いです😋
カガヤ夕食10
そして、ここへきて鍋が出てきます😓、能登香箱蟹鍋と書いてありますが、こちらの鍋もかなりセコイ感じなので出さない方が良いかと思います。味も三流旅館の団体向けに出てくる感じのイマイチな感じね〜。
カガヤ夕食12
ご飯は、蟹炊き込みご飯です。こちら、特に不味くもないですが、旨い!って感じでもない感じです😯
カガヤ夕食11
でもって、汁、合わせ汁味噌仕立てって書いてありますが、味噌汁と違うの?😯出汁の入ってない感じ?こちらはかなり不味いです!加賀屋さん、本当にこんなの出してて良いのでしょうか?
カガヤ夕食13
水菓子は季節の果実と書いてあります。まあ、普通です。手前の酸っぱいのは何でしょうか???
カガヤ夕食14
最後に甘味としてお汁粉が出てきますが、これも台湾風なのでしょうか、薄〜いお汁粉です😓食えませんな〜。

★☆☆ 日勝生加賀屋①(台北市・北投温泉)2015年12月

台湾の1泊目は、台北、松山空港から淡水方面に向かって、車で20〜30分のところにある北投温泉に泊まってみました。日本統治時代に日本人が開いた旅館が最初だそうで、微妙に日本文化が感じられる温泉街です。なんといっても、ここは世界でも貴重な天然ラジウム泉ってことですので、1度は行ってみることにしました・・・😲
日勝生加賀屋7
北投温泉には日本旅館の名前がついた胡散臭いホテルが沢山ありますが、ここは本物です😀石川県の加賀屋が海外に初進出したそうで。「一度は泊まってみたい」という台湾人も多いという「日勝生加賀屋」です。アゴダなどでは「ラジウムカガヤ」と呼ばれています。この日は年末でしたので、食事付き2名で1泊8万5千円と、台湾でも中々強気の金額設定です・・・。和室の客室に大理石などの浴室。着物姿の仲居さんが入り口で出迎え・お見送りを行っています😇しかし、基本こちらは台湾人向けの温泉旅館となってますので、常駐の日本人は基本的に居ないのと、日本で研修を受けてきた数名の台湾人が片言の日本語が出来る程度なので、中々理解には苦しみます😇
日勝生加賀屋3
1フロアにはだいたい9室くらいしかないので、それほど大きなホテルではありませんが・・・
日勝生加賀屋4
目の前に公園がの景色が広がる、掘りごたつ付きの純和室と・・・・、
日勝生加賀屋5
狭目のベッドルーむという構成です。HPに出ているデラックスルームのベッドルームとは少々違いますが、ここもデラックスだと言い張られました。怪しいですね〜。ベッドの寝心地はイマイチ。トイレは古めのウォシュレットです。
日勝生加賀屋6
大きめの部屋風呂も源泉かけ流しの温泉となっており、ラジウム泉の泉質は最高に良いと思います。それともちろん、大浴場もあるのですが・・・・、日本の高級旅館とは程遠く残念なのは、あまり清潔でないのと、大した大浴場ではありまあせん。露天風呂なども無いので、どっかの地下のサウナとあまり変わりはありません😓泉質は良いですが・・・、ベンチに使用済みタオルが山積みになってたり、掃除もイマイチ。恐らく、日本の「星のや」等と一緒で、中国人客がメインとなると、必要以上に風呂などが汚れるため、日本人客メインの場合に比べ3倍の掃除スタッフが必要にもかかわらず、スタッフが足りてない・・・という状況ですかね。
日勝生加賀屋14
因みに、こちらのホテル出来て5年だそうですが、部屋の畳はご覧の通り剥がれまくってます。日本の高級旅館にはないですよね〜😣
日勝生加賀屋2
チェックインを済ませて、部屋に到着をすると日本名の源氏名をつけた仲居さんが片言の日本語で、抹茶と和菓子を持ってきてくれます。
日勝生加賀屋1
こちらは意外と美味かったですが、お茶を飲んだら、時間がないのでちっとだけ散歩です。場所は非常に良いところに建っているので、散歩には良いかと。
日勝生加賀屋9
ホテルから歩いて10分くらいのところにある、源泉「地熱谷」です。ラジウム泉は蒸気を吸い込むと良いらしいので(?)ここでいっぱい吸い込みましょう!
日勝生加賀屋8
ラジウム蒸気を吸い込んだ後は、地熱谷の入り口のところにあった、搾りたてオレンジジュースです😋1杯35元と超格安ですが、これ結構美味いです!不加水と書いてますから、薄めてはいないと思います!オレンジジュースを飲んだ後は。。。
日勝生加賀屋10
ホテルの前の公園の中で何やら売ってるのを発見😀
日勝生加賀屋11
焼き芋?さつまいもですかね?これ?色がカボチャみたいです!
日勝生加賀屋12
食べてみてビックリ、柔らかめの食感で意外にも甘く、食べたことの無い焼芋です!😀台湾の品種でしょうか?中々美味いです。
日勝生加賀屋13
ちょっと街中を歩くと、何ともいえないレトロなお店も営業してます。昭和40年位の雰囲気です。

★★☆ Blue Lagoon Clinic Hotel(アイスランド)2015年9月

やる事の無いアイスランドで、100%観光客が行く所メインと言えばブルーラグーンですね〜。そのブルーラグーンに直結したホテルは1カ所しかありません。近隣にもう1つあるようですが、泊まるなら宿泊者専用のラグーンもあるこちらしか無いと思います。しかしながら、こちらのホテル、最近倍増されたようですが、それでも35室しかないくらい小さいホテルで、基本的には直接ホテルにメールして予約するしか無いので、少々面倒な感じです。また、通常のホテルのようなサービスはありません。例えば、ブルーラグーンにあるレストランで夕食を食べるしか無い訳ですが、予約はしてくれません。自分で電話しろ・・・ってな感じです😅さらに残念な事に、宿泊者の80%は中国人です。朝食なども、アチコチで場所を占領して騒いだり、突然ロビーで吐いてたり、かなり品がない雰囲気になっています😰
Blue Lagoon Clinic1
ブルーラグーンはケフラビーク国際空港寄りのレイキャビックとの間にある感じです。町をぬけるとこんな風景の中を走ります。
Blue Lagoon Clinic2
レイキャビックからタクシーだと約40〜50分でホテルに到着します。因に、ホテルとラグーンは約600mくらい離れてますので、荷物が有る場合は気をつけましょう。
Blue Lagoon Clinic5
ホテルの全体図はこんな感じです。
Blue Lagoon Clinic4
ロビーから、中庭を挟んだ廊下を歩いて行きます。
Blue Lagoon Clinic3
11号室。増設前の古い方ですね😑
Blue Lagoon Clinic6
しかし部屋はシンプルで、奇麗な感じです。
Blue Lagoon Clinic7
テラスの先の風景はこんな感じ😃地の果てって感じですね😅
Blue Lagoon Clinic14
9月末の夜はこんな感じでちょっと幻想的です・・・。
Blue Lagoon Clinic18
ホテルにも専用ラグーンがあります。ブルーラグーンのほうとは違って、人も少なく奇麗な温泉です😃
Blue Lagoon Clinic15
室内の温泉もありますので、雨が降っても一応、入れますね。
Blue Lagoon Clinic16
こちら、ホテルのラグーンは冬でも夜10時まで入れるようです。思ったより暖かいです。
Blue Lagoon Clinic17
遅くまで頑張りましたが、オーロラは見えませんでした😂
Blue Lagoon Clinic8
ホテルから、ブルーラグーンまでは、案内に従って、約600m歩きます。
Blue Lagoon Clinic9
こんな感じの道なので、靴で歩いた方が良いと思います。因に、ホテル宿泊者は、タオルやバスローブ、ビーチサンダルも貸してくれます。
Blue Lagoon Clinic10
振り向くと、ホテルの部屋が見えますね😐
Blue Lagoon Clinic11
暫く歩いて、こんな感じの源泉が出て来ると、到着です😲
Blue Lagoon Clinic12
裏口みたいな所から入ると、入口に無茶苦茶人が並んでますが、ホテル宿泊者はタダですので、別のレーンに行ってスタッフを捕まえて受付をしましょう。アイスランド人は働かないので、自分からスタッフを捕まえましょう😉しかし、混んでます。空いてるロッカーを探すのも一苦労です😅
Blue Lagoon Clinic13
そして、中に入ると・・・正に芋洗い状態出す😅しかし、このうち7割は中国人ですかね😖やっぱり中国人は品がない感じね・・・。


☆☆☆ Radisson Blu 1919 Hotel(アイスランド)2015年9月

レイキャビック(アイスランド)にはSPG系列のホテルは無かったので、アメックスでもらったカールソンのゴールドメンバー資格で、ラディソンブルーホテルに泊まりました。物価の高いアイスランドですが、このホテル、1泊、約5万円もする割には施設のコスパもサービスもイマイチな気がします😑まあ、場所は便利な所にあり、奇麗は奇麗ですが、兎に角スタッフの質の低さ、いい加減さは、アイスランド人の人間性を疑うくらい酷い感じです😖というか、恐らく責任感の無さはアイスランド人の国民性だと思います・・・。いづれにしても、このホテルは、部長の長い経験上、日本人にはおすすめ出来ない感じです!
Radisson Blu6
こじんまりとした、古っぽいホテルですが、建物自体は新しく奇麗です。
Radisson Blu4
恐らくデラックスツインからビジネスツインにアップグレードされているようです。しかし、ベッドはこれ、幅70センチの昔のイギリスなんかのシングルベッドですね😰
Radisson Blu5
シンプルなデザインで、室内は良い感じなんですけどね・・・。
Radisson Blu7
窓からは、海も見えますが、有名なホットドック屋が目の前にあり、朝4時位までこれを買いに来る人たちで、結構煩いです😖
Radisson Blu 1
バスルームは普通な感じですね。。お湯はちゃんと出ます。
Radisson Blu2
しかし、洗面台は何故かちょっと小降りで物を置くスペースが無いので不便です。
Radisson Blu3
アメニティ類もこんな感じね・・・。SPGに慣れてると辛い感じがしますね😅
プロフィール

K部長

Author:K部長
広告制作会社勤務のおじさま。

いらっしゃいませカウンター
FC2アフィリエイト
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ